循環型農業とは?
化学合成農薬や化学肥料に頼ってきた近代の農業から、あらためて自然界の微生物により発酵させた堆肥作りの考え方に戻り、自然の流れに沿った安心・安全な農業を目指しています。
本来、農業とは循環の中で成り立っています。
動物の糞や死骸あるいは植物が枯れたもの、更には生ゴミも含めて、自然界では食べる順番が決まっています。まずは、これらのものを昆虫などの小動物が食べて、その小動物の糞や食べかすを更に小さい小動物、そして微生物...と次の世代の食べ物として受け継がれています。そして、微生物が分解した状態(アミノ酸等)になって初めて、植物が根から吸収できます。 こうして植物が育つと、また草食動物や人間がそれを食べ循環していくというわけです。
益田農園が実行する、「米の精」による循環型農業への取り組み